riviera1-7png riviera1-1

コップの中の氷を融かすには3~4℃の水で十分。熱湯は必要無い。

この原理を融雪で実用化するために、他社高温水(50℃~65℃)循環が前提の一般的な架橋ポリパイプ仕様のロードヒーティングとは根本的発想から異なるロードヒーティング融雪システムが必要でした。

そこで地熱(6℃~10℃)を利用して熱交換する特性の地熱吸収パイプを考案しました。

弊社特製のアースヒートパイプは、耐衝撃パイプHI-VP20の製造名で高い耐久性を誇り、架橋ポリパイプと比較して内径が大きく(20A)、管容量が多いので、蓄熱性が高いです。
これによりパイプ内不凍液の往管・戻管の温度差を抑え、低温水循環での融雪を可能にしています。
また、屋根からの落雪用・インターロッキング用・歩道板用等、融雪管の敷設方法を設備に対応させ高い技術と責任を持って お客様の御希望に沿った施工を致します。

riviera1-4
 

 

 

 

riviera1-5

 

 

 

 

この特性パイプの仕様を軸に気温・降雪量・地中温度等の周辺環境を計算し、僅か15℃前後の低温水循環で豪雪都市青森の雪を 「ガリッ」と融かす、低燃費 ・高性能の「リビエラ融雪」を開発致しました。

 

灯油・電気・ガス等の燃料を利用する床暖式融雪や、地下水を散水する方式ではなく、全く自然エネルギーだけの地下水熱を循環させる方式です

従来の散水式だと・・・
  • 完全に融けきれずシャーベット状に残る部分があり、温度が下がると、凍結する。 また地下水の跳ね上がりで建物の外観を損ねる。
  • その凍結を防止する為に、シャーベット状になった重い雪の後片付けが重労働!
  • 排水処理が悪いと、通行人に迷惑をかける。
  • 赤サビや金気が出て、路面が赤茶に変色する。⇒建物の美観を損ねる
 

一概に融雪と申しましても、各地域によって降雪状況は全く異なります。
即ち、地元に本当に合った融雪で無いと無駄が多いという事です。
その点、雪のエンジニアは、地元育ちの融雪家として30年以上に渡り、青森の冬がどういうものかを 充分研究 ・体得して来ましたので、御信頼に応えることが出来ると自負しております。
riviera1-3  riviera1-2

『地下水汲上規制がある青森市』でもご利用頂けます!!

 
riviera-logo
?

 

コチラのページをご覧の方は他にも「地熱」といったキーワードで検索を行っています。

株式会社リビエラの技術・製品・サービス一覧

【地下水熱利用!青森生まれのロードヒーティング融雪】の全ての情報を見る方は以下でログインしてください。

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちらでご確認いただけます。

【非会員の方はこちらから会員登録をお済ませ下さい】

以下のご記入事項を記入・チェックの上、送信ボタンをクリックし、会員登録を行って下さい。
登録が完了次第すぐにご利用頂けます。また最新の企業情報や新製品のお知らせなどをメールにてご案内させていただきます。
必須
必須
必須
必須
もう一度新しいパスワードを入力してください。
日本経済新聞 日刊工業新聞 日経産業新聞 日経MJ その他新聞 その他雑誌 YouTube Facebook Twitter 検索サイト 当社営業からの案内 >友人・知人からの紹介 その他
必須 利用規約に同意します。

株式会社リビエラの地下水熱利用!青森生まれのロードヒーティング融雪へのお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
問い合わせ先 株式会社リビエラ
問い合わせ製品 地下水熱利用!青森生まれのロードヒーティング融雪
問い合わせ目的 必須  購入を希望  見積もりを希望  カタログなどの資料を希望 技術・製品・サービスに対する質問  訪問して説明してもらいたい  その他
問い合わせのタイトル
問い合わせ内容 必須

KJCBiz経由でのお問い合わせは以下にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-220055
受付時間:平日10:00~18:00 土日・祝祭日はお休みです。

FAXでのお問い合わせ:FAX 03-3364-5523
受付時間:24時間365日

株式会社リビエラの「地下水熱利用!青森生まれのロードヒーティング融雪」の内容について

内容にご満足いただけましたか?
 満足した 情報量が少ない 内容の質が低い

ご感想・ご希望がありましたらお寄せください。