代表:渡部 仁( ワタベヒトシ )
弁理士
第一種電気通信主任技術者
情報処理技術者

広く強い権利は、将来にわたって企業の財産となり、企業の収益に貢献する企業力をアップさせます。
将星国際特許事務所は、クライアントニーズを満たす高品質の業務を追求すべく情報処理、通信、ソフトウエアの高い専門性を駆使し、高付加価値なサービス、不況に打ち勝つ知財戦略を提案している。
「一つ一つの発明をまさに自分の子供であるかのような思いで育み、広く強い権利の獲得に尽力しています。事業利益を最大化する特許の権利化こそが私の使命です。」と語る代表の渡部氏。
鎌倉ブランドを育てるため、商標を中心としたブランディングも実施するなど、日本の知財の創出、そして世界への発信に向けて全力を尽くしている。
以下に該当する項目が
1つでもあれば問い合わせを!!

 

  • □ 特許で収益を上げたい。
  • □ 特許事務所との打ち合わせで十分な手応えがない。
  • □ 期待以上のクレームが出来上がってこない。
  • □ 特許事務所からの提案が少なく、満足できない。
  • □ 知財部担当者の手間を少しでも減らしたい。
 


・・・・・

ここから先の内容は会員限定です。 ログインまたは会員登録の上、ご覧ください。

将星国際特許事務所の技術・製品・サービス一覧

【競合他社に差をつける知財戦略】の全ての情報を見る方は以下でログインしてください。

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちらでご確認いただけます。

【非会員の方はこちらから会員登録をお済ませ下さい】

以下のご記入事項を記入・チェックの上、送信ボタンをクリックし、会員登録を行って下さい。
登録が完了次第すぐにご利用頂けます。また最新の企業情報や新製品のお知らせなどをメールにてご案内させていただきます。
必須
必須
必須
必須
もう一度新しいパスワードを入力してください。
日本経済新聞 日刊工業新聞 日経産業新聞 日経MJ その他新聞 その他雑誌 YouTube Facebook Twitter 検索サイト 当社営業からの案内 >友人・知人からの紹介 その他
必須 利用規約に同意します。

将星国際特許事務所の競合他社に差をつける知財戦略へのお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
問い合わせ先 将星国際特許事務所
問い合わせ製品 競合他社に差をつける知財戦略
問い合わせ目的 必須  購入を希望  見積もりを希望  カタログなどの資料を希望 技術・製品・サービスに対する質問  訪問して説明してもらいたい  その他
問い合わせのタイトル
問い合わせ内容 必須

KJCBiz経由でのお問い合わせは以下にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-220055
受付時間:平日10:00~18:00 土日・祝祭日はお休みです。

FAXでのお問い合わせ:FAX 03-3364-5523
受付時間:24時間365日

将星国際特許事務所の「競合他社に差をつける知財戦略」の内容について

内容にご満足いただけましたか?
 満足した 情報量が少ない 内容の質が低い

ご感想・ご希望がありましたらお寄せください。

Related Posts

情報通信・ソフトウェア

鉄鋼産業向け生産管理ソリューション

その他コンサル・法人向けサービス

SCMコンサルティング

ECを通じて、世界中の人々に感動を与えニッポンを元気にする!

その他コンサル・法人向けサービス

100年企業創りコンサルティング「親子でM&A」

その他コンサル・法人向けサービス

現実的かつ実践可能なアドバイザリーサービス

その他コンサル・法人向けサービス

中小企業に強い、企業価値を最大化するM&Aコンサルティング

その他インターネット関連

オムニチャネル・インテグレーション

ソフトウェア

はじめよう!poscubeで店舗改革 〜ミシュラン星レストランも採用するオペレーション〜

アウトソーシング

企業間決済・請求代行サービス「NP掛け払い」

アウトソーシング

マーケティング活動におけるサービスをワンストップで提供

アウトソーシング

勤務実態の客観把握と、労務実態の可視化!!労務可視化ツール

その他コンサル・法人向けサービス

会社の未来、社員の未来をつくる 中堅・中小企業のための「働き方改革」

社会保険労務士

大阪で社労士を探すなら「大阪の社会保険労務士法人R&C」

ソフトウェア

MITEOS(ミテオス)

その他コンサル・法人向けサービス

IoTで教育、産業創出に貢献

【BPO】付帯業務を確実にこなすアウトソース

その他流通サービス業

SPDCAサイクルでお店の課題解決にコミットします。

その他コンサル・法人向けサービス

食と環境の安心安全な食品をもっと世界へ