mikami01高度情報社会では、氾濫するさまざまな情報をすばやく収集し、整理し送信するシステム構築の重要性が、 ますますクローズアップされています。
カメラシステムは情報を最初にキャッチする目となって、何が起きているのか、そして何が起ころうとしているのかを正確にとらえなければなりません。
株式会社ミカミは、光学・映像・情報関連機器の分野で常に最新情報を追求し、蓄積した技術力を総合的に 発揮すべく努力してまいりました。
今後も、製品の開発・販売、システムの提案、設置後の調整、保守サービスにいたるまで、一貫した体制で お客様の多様なニーズにお応えします。

mikami02HD Series PTC-113
ミカミのHDシリーズは、高画質・高解像度のカメラを搭載したコンパクトな屋外用旋回カメラです。HD-SDI、ネットワークインターフェースに対応し、塩害地域を考慮した耐塩仕様対応や夜間撮影時に効果のある照明器(ハロゲン・近赤外LED)を搭載でき屋外の厳しい環境でも安定した死角のない監視が可能です。

PTC-113-HDIP(IP方式)/PTC-113-HDSDI(SDI方式)

・・・・・

ここから先の内容は会員限定です。 ログインまたは会員登録の上、ご覧ください。

株式会社ミカミの技術・製品・サービス一覧

【高画質全天候型小型一体型旋回カメラ】の全ての情報を見る方は以下でログインしてください。

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちらでご確認いただけます。

【非会員の方はこちらから会員登録をお済ませ下さい】

以下のご記入事項を記入・チェックの上、送信ボタンをクリックし、会員登録を行って下さい。
登録が完了次第すぐにご利用頂けます。また最新の企業情報や新製品のお知らせなどをメールにてご案内させていただきます。
必須
必須
必須
必須
もう一度新しいパスワードを入力してください。
日本経済新聞 日刊工業新聞 日経産業新聞 日経MJ その他新聞 その他雑誌 YouTube Facebook Twitter 検索サイト 当社営業からの案内 >友人・知人からの紹介 その他
必須 利用規約に同意します。

株式会社ミカミの高画質全天候型小型一体型旋回カメラへのお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
問い合わせ先 株式会社ミカミ
問い合わせ製品 高画質全天候型小型一体型旋回カメラ
問い合わせ目的 必須  購入を希望  見積もりを希望  カタログなどの資料を希望 技術・製品・サービスに対する質問  訪問して説明してもらいたい  その他
問い合わせのタイトル
問い合わせ内容 必須

KJCBiz経由でのお問い合わせは以下にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-220055
受付時間:平日10:00~18:00 土日・祝祭日はお休みです。

FAXでのお問い合わせ:FAX 03-3364-5523
受付時間:24時間365日

株式会社ミカミの「高画質全天候型小型一体型旋回カメラ」の内容について

内容にご満足いただけましたか?
 満足した 情報量が少ない 内容の質が低い

ご感想・ご希望がありましたらお寄せください。

Related Posts

電子部品・電子材料・半導体

半導体デバイス開発の上流工程から技術や設計のサービスを提供

機械要素・部品・工具

様々な業種の精密板金に対応

機械・メカトロ

世界水準の多彩な技術力と豊富なノウハウで高品質なFA装置を製作

機械・メカトロ

ごみ焼却設備から製鉄・非鉄・化学などのリサイクルラインまで、環境保全なら任せてください!

その他製造業

ソフトウェア、ハードウェア開発から業務運営支援までサポート

機械・メカトロ

次世代測色機「アクワイヤーTM クアンタムEFX」

機械・メカトロ

ガスコンプレッサ・真空ポンプ・ノンリーク圧縮機

機械・メカトロ

未知なる領域をプラズマ技術で切り拓く

機械・メカトロ

従来機の2倍の生産能力! 新型ジェット粉砕機SPK

光学機器

独創的な技術の開発で社会の発展に貢献

CAD/CAM

精密な金型部品製作で他社との差別化や低価高品質を実現

機械要素・部品・工具

困った加工品があったら遠藤製作所へお任せください

樹脂・プラスチックス・ゴム製品

プラスチック加工の5つの強み

機械・メカトロ

最先端の技術開発でハイテク分野をリード

機械・メカトロ

医療機器、光学機器の部品加工、組み立て

機械・メカトロ

直径100mmまでの超硬工具加工用研磨機「VGrind360」

機械・メカトロ

【2017年秋モデルチェンジ!】槽外循環が可能な真空乳化装置/システム CLEARSTAR/クリアスタア®の研究開発用モデル

その他製造業

機能安全を重視したIoT技術で重要インフラの健全性を保つ