sanko01
sanko02ITO(透明導電膜)は透明で有りながら電気を通す不思議な素材であります。この不思議な素材は透明である為、気が付き難く何気ない様々な所で使用され、活躍をしております。
銀行のキャッシュディスペンサーや自動車のカーナビゲーションのタッチパネル部品として、モニタなどの電磁波を防ぐシールドに、電飾や携帯などのパックライトに、液晶モニタの低温起動性補助や、監視カメラなどの結露防止にはフイルムヒーター、また、最近ではiPhoneなどの静電容量方式のセンサなど、生活に密着した素材となっております。
当社ではこのITO(透明導電膜)を基材としエッチングでのパターンニングや回路印刷及び加工をお客様のご要望により、カスタム製造にてご提供をしております。

  • ITOとは
    ITOは酸化インジウムスズ(Indium Tin Oxide)の略で、透明導電膜に一つとして、硝子やフィルムに膜付され使用されております。ITOにより電気を通し光を通せるようになった事から、色々な機能性部品に使用され、現在でもその用途は更に広がりを見せております。
    ITO基材は用途により硝子、PET,PEN,PES,PCなど用途によって様々です。
sanko03 (左上画像)ITOを使用した静電容量方式のタッチセンサー(中央画像)ITOを使用したELフイルム(エッチングを行い、透明な部分があります。)(右上画像)透明フイルムヒーター(可視ヒーター)

 静電容量方式センサ 

静電容量方式のセンサはドアや何かに触れた時にパチッと来る静電気ではありません。指で触れることで表示パネルの表面電荷の変化を捕らえることで触れた部分の位置を検出する方法です。 タッチセンサー表面全体に低圧の電界を形成し、タッチした指により電界を放電します。この電流は非常に微弱で人体に影響することはありません。 抵抗膜方式に比べ構成する材料が少なくまた、抵抗膜方式ではITOと相対してそれを接触させ通電する為、無タッチ時のショートを防止する為間に空気層を維持する必要もあり、透過性やコスト面も良くありませんでした。 静電容量方式センサの場合、構成部材も少なく空気層も無い為透過性も良く、今後主流になるべく期待をされています。

sanko04
sanko05静電容量とは、導体がどれくらい電気エネルギーを蓄えることができるかを表すものです。電気エネルギーを蓄えた導体(キーパッド等)に、誘電性(電子を引き付ける性質)を持つ人間の指が近接すると、電気エネルギーが人間に流れ込み、キーパッドの静電容量が変化します。この静電容量の変化から、指の位置・動作を検出していくのが静電容量センシング技術です。
センサ部は格子状のX電極とY電極からなり、電極間に電気エネルギーを蓄えます。何も操作していない状態では、2つの電極は安定した電界を構成しています。しかし、アースの役割を持つ人間の指が近接すると、電界は変化し、指が触れた部分の静電容量値が減少します。この現象は、人体の持っている導電性により発生するものです。X電極、Y電極はそれぞれ、設定による多段階の静電容量の変化の検出が可能です。強く押さなくても指が触れていることを感知しています。 次は指の動きを検出する座標検出機能です。座標検出部では指の接近を検出し、X電極とY電極のスキャニングを行います。
静電容量方式によるキーパッドは、操作面に負担をかけることなく、触れるだけで操作することが可能。そのため、操作部の品質劣化がほとんどなく、高い信頼性を保持できます。

 

sanko06 画像は静電容量方式のタッチセンサになります。薄く従来のタッチパネル方式に比べ薄く、構成部品も少なく、耐久性に優れています。

 

sanko07
透明フイルムヒーターは低抵抗型の透明導電膜フイルムに通電させる事により、面として均一な発熱が得られます。(右下の写真はサーモグラフィーにより面が均一に温まっていること写した物です。)他社では透明フイルムヒーターとして当社のように完全な透明で無いものもございますが、当社の製品は視界を遮るものは無く、全光透過率も80%前後と高く、薄膜ですので省スペースで、液晶パネルの低温環境下での起動補助や、透明部分の結露防止(防犯カメラのガラス部分等)などに多く使用されています。当社の透明フイルムヒーターは他社では真似の出来ない技術やノウハウから作られております。

sanko08
透明フイルムヒーターは、電圧や製品の大きさ、使用するシート抵抗により上昇する温度が決まります。また、一定の電圧で使用の場合、ある一定の温度上昇後にはほぼ一定の温度を保つ特性がございます。但し、透明フイルムヒーターは大変薄く、周囲の影響(実装環境など)を受け易い為、実際にどのような温度上昇をするかご確認し、電圧設定をする必要があります。

透明フイルムヒーターの使用例
  • 液晶の起動性補助及び応答性補助
  • 監視カメラのガラス部結露防止
  • ガラス窓の結露防止や凍結防止
  • 試験器具の加温、保温
  • ヒーター機能付き回路基板
透明フイルムヒーターの性能比較

下記の画像は実際に印加し、その暖まり方を順に示したものになります。画像では左側が『当社透明フイルムヒーター』、右側が「他社の透明フイルムヒーター」になっております。表面には温度上昇が見て判るようにサーモシートの下に製品を置いた状態にしております。印加すると当社製品は直ぐに均一な面発熱を始める事がみて取られます。他者製品では発熱は始まっておりますが、面が均一に温まらず、極部的な発熱を起こしております。この状態ではヒーターとしての性能が発揮されず、機能を果たす事が出来ません。
sanko09
 

透明フイルムヒーターの可能性

透明フイルムヒーターは最近では幅広い用途への展開が見込まれています。医療の最先端分野への活用や赤外線などのセンサ部品などへの活用など様々な分野への使用が検討されております。その無限の可能性によりこの度、財団法人神奈川産業振興センター様から≪ビジネス可能性認定≫を受けました。

株式会社三興ネームの技術・製品・サービス一覧

【ITO機能製品「透明フイルムヒーター」】の全ての情報を見る方は以下でログインしてください。

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちらでご確認いただけます。

【非会員の方はこちらから会員登録をお済ませ下さい】

以下のご記入事項を記入・チェックの上、送信ボタンをクリックし、会員登録を行って下さい。
登録が完了次第すぐにご利用頂けます。また最新の企業情報や新製品のお知らせなどをメールにてご案内させていただきます。
必須
必須
必須
必須
もう一度新しいパスワードを入力してください。
日本経済新聞 日刊工業新聞 日経産業新聞 日経MJ その他新聞 その他雑誌 YouTube Facebook Twitter 検索サイト 当社営業からの案内 >友人・知人からの紹介 その他
必須 利用規約に同意します。

株式会社三興ネームのITO機能製品「透明フイルムヒーター」へのお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
問い合わせ先 株式会社三興ネーム
問い合わせ製品 ITO機能製品「透明フイルムヒーター」
問い合わせ目的 必須  購入を希望  見積もりを希望  カタログなどの資料を希望 技術・製品・サービスに対する質問  訪問して説明してもらいたい  その他
問い合わせのタイトル
問い合わせ内容 必須

KJCBiz経由でのお問い合わせは以下にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-220055
受付時間:平日10:00~18:00 土日・祝祭日はお休みです。

FAXでのお問い合わせ:FAX 03-3364-5523
受付時間:24時間365日

株式会社三興ネームの「ITO機能製品「透明フイルムヒーター」」の内容について

内容にご満足いただけましたか?
 満足した 情報量が少ない 内容の質が低い

ご感想・ご希望がありましたらお寄せください。

Related Posts

その他製造業

各種金属部品の精密研磨・研削・全加工

光学機器

開発から出荷まで、一貫したシステムで要望に応える”提案型企業”

機械要素・部品・工具

多様な熱処理が可能!!大手製造業が認定する高い技術力と信頼性

機械・メカトロ

自動車、油圧機器、制御機器から医療、家電製品の超精密部品を製造

機械要素・部品・工具

「流れ」や「回転」の技術を活かした様々な製品

倉庫・運輸・梱包関連

発泡技術を軸に世界で活躍する発泡プラスチック総合メーカー

樹脂・プラスチックス・ゴム製品

振動溶着治具の設計・製造

CAD/CAM

「製造業の分岐点」今と同じでは何も変わりません

OEM ・PB

フォトリソグラフィーで未来を創造する

その他製造業

美観重視・精度重視のお客様の厳しいご要求に対応します

機械要素・部品・工具

パワーツール、モータ、ギヤ・シャフトの組立製造、産業用製品の加工

設計・製造

簡単・安全・コンパクト!!立体3D製作機「V・former」

機械・メカトロ

電子半導体製造工程のお客様をトータルで支援

業界をリードするカメラモジュール、および各種バックエンドボードの販売

設計・製造

様々な回路設計や各種開発のニーズに対応

化学

各種一次電池材料、二次電池材料から次世代電池(ポストLiBなど)用材料まで

環境・エネルギー関連

環境に優しい「ものつくり」の為の技術研究所

設計・製造

振動試験メーカーのIMVが提供する世界基準の試験技術