bit02

受注・受領・出荷・請求業務まで、受発注業務をシステム化!

 
  • 流通BMSシステム
    現在の流通では受発注の方法に、電話、FAX、データ交換(EDI※1)などがあります。
    EDIについても、データフォーマットは、小売業ごとに違い、卸・メーカー様では個別にシステム開発が生じています。
    卸・メーカー様、小売様間で標準化された通信手段とフォーマットでデータ交換ができ、情報連携の効率化を目指すために策定された標準規格が流通BMSです。
    ※1 EDIとは、標準化された規約に基づいて、受発注や出荷、受領、請求、支払などの企業間の取引に関する情報について、電子的に行うことです。
bit03
 

製品概要/流通BMS対応のデータ交換導入サービス

もっとつながる
活用には小売企業側が環境を構築するとともに、取引先(卸・メーカー様など)も自社でパソコン又は、サーバーを用意する必要があります。

e-NetBMSとe-NetBMS以外の他社流通BMS製品を導入している企業様とのデータ交換が可能です。

 

bit04
 

sen

卸・メーカー様

bit05

小売業様

bit06
sen

株式会社 ビット・エイの技術・製品・サービス一覧

【流通BMS対応のデータ交換導入サービス「e-NetBMS」】の全ての情報を見る方は以下でログインしてください。

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちらでご確認いただけます。

【非会員の方はこちらから会員登録をお済ませ下さい】

以下のご記入事項を記入・チェックの上、送信ボタンをクリックし、会員登録を行って下さい。
登録が完了次第すぐにご利用頂けます。また最新の企業情報や新製品のお知らせなどをメールにてご案内させていただきます。
必須
必須
必須
必須
もう一度新しいパスワードを入力してください。
日本経済新聞 日刊工業新聞 日経産業新聞 日経MJ その他新聞 その他雑誌 YouTube Facebook Twitter 検索サイト 当社営業からの案内 >友人・知人からの紹介 その他
必須 利用規約に同意します。

株式会社 ビット・エイの流通BMS対応のデータ交換導入サービス「e-NetBMS」へのお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
問い合わせ先 株式会社 ビット・エイ
問い合わせ製品 流通BMS対応のデータ交換導入サービス「e-NetBMS」
問い合わせ目的 必須  購入を希望  見積もりを希望  カタログなどの資料を希望 技術・製品・サービスに対する質問  訪問して説明してもらいたい  その他
問い合わせのタイトル
問い合わせ内容 必須

KJCBiz経由でのお問い合わせは以下にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-220055
受付時間:平日10:00~18:00 土日・祝祭日はお休みです。

FAXでのお問い合わせ:FAX 03-3364-5523
受付時間:24時間365日

株式会社 ビット・エイの「流通BMS対応のデータ交換導入サービス「e-NetBMS」」の内容について

内容にご満足いただけましたか?
 満足した 情報量が少ない 内容の質が低い

ご感想・ご希望がありましたらお寄せください。

Related Posts

ソフトウェア

オープンソース ERP

クラウドコンピューティング

システムエンジニアとして、各業界の業務システム開発

ソフトウェア

全国の営業マンの効率アップに成果!ビジネスクラウド「cyzen」

情報通信・ソフトウェア

鉄鋼産業向け生産管理ソリューション

ソフトウェア

企業ブランディング[CI/VI計画]

ソフトウェア

リアルタイム技術で 社会の安全と発展に貢献する

ソフトウェア

多言語に対応した順番待ちシステム

モバイル・スマートフォン

高品質・低価格・大容量のモバイルバッテリー

その他インターネット関連

オムニチャネル・インテグレーション

情報処理サービス

若手が大きく成長できるITインフラ企業

その他インターネット関連

次世代型カプセルホテル管理システム「CAPSULE MANAGER」

ソフトウェア

はじめよう!poscubeで店舗改革 〜ミシュラン星レストランも採用するオペレーション〜

クラウドコンピューティング

PCA商魂と連動するPOSシステム「FirstPOS」

イントラネット風クラウドシステムでLSI設計

アウトソーシング

マーケティング活動におけるサービスをワンストップで提供

クラウドコンピューティング

システムの障害予兆管理を実現する見える化ツール『MaxGauge』

アウトソーシング

勤務実態の客観把握と、労務実態の可視化!!労務可視化ツール

ソフトウェア

製品開発の上流工程において重要なアーキテクチャ設計力を強化