樹脂自動車製品を中心に様々な製品の溶着を請け負っています。
特にインテークマニホールド・グローブボックスなど、自動車用樹脂製品に関しては高い評価を受けてきました。

最新設備の積極的な導入や認証関係の取得など、要因は様々ありますがなによりも大きな要因は弊社の

「お客様ごとに合わせた工場の効率化」
「卓越した提案力と実行力」

・・・これらを実現する「人財」にあります。

 

量産を前提とした積極的な提案

開発段階から安全と品質・効率について積極的に提案し、それでいて従来とはちょっと違う、付加価値のある「モノづくり」を提案します。

常に量産品を数多く扱ってきたノウハウでお客様の製品化までのプロセスを完全サポートいたします。

sen
溶着の原理

振動溶着は、原理的には摩擦溶着と同じで、2つのプラスチックパーツを溶着する際に片方のパーツを他方のパーツに押し付けながら左右一方方向に微妙振動させることにより、接合面に樹脂を溶かすのに必要な熱を発生させる方法です。
摩擦により発生した熱は、通常数秒程度で接合面のみを溶融し、その後振動が停止すると共に2つのパーツの位置は自動的に原点復帰し、溶融部が固化するまで加圧下にて自然冷却され、溶着が完了します。

 

溶着の特徴

振動溶着機は、主に大型の熱可塑性樹脂製品を溶着、組み立てするのに適した方法で、熱板や高周波溶着に比べ電力諸費が少なく、かつ短時間で溶着する事ができ、温度制御・均一な磁束のコントロールといった不安要素が無い為、安定した再現性の高い溶着結果が得られます。
また、スピン溶着に比べ、複雑・不規則形状の部品に適用でき、一度に多数個の溶着も可能です。




スピン溶着

熱可塑性プラスチックパーツの一方を高速で回転させ、同時に圧力を加えることにより、下治具に固定されているもう一方の樹脂パーツとの間に摩擦熱を発生させて溶融、接合する技術です。
振動溶着と接合の原理は似ていますが、直進方向の振動を与えて摩擦熱を発生させる振動溶着に対し、スピンウェルダーではパーツを回転させて摩擦熱を発生させますので、溶着部が円形のものに限られます。
「円形」の必要があるのは溶着部のことであり、それ以外の部分は円形でなくても構いません。例えばパイプが折れ曲がったような形状のものであっても、接合部を回転させて溶着させられるのであればスピンウェルダーで溶着することが可能です。

溶着部が円形であるものに限られるというのがスピンウェルダーの最大のウィークポイントではありますが、スピンウェルダーはコンパクトで、溶着精度も非常に高く、また気密性・水密性を必要とするパーツの溶着も簡単に行なうことが出来ます。
もちろん超音波ウェルダーやバイブレーションウェルダー同様に、治具を交換することによって様々なアプリケーションに対応でき、汎用性も兼ね備えています。

 

超音波溶着

超音波溶着とは、超音波プラスチックウェルダを使用し、ワークの表面から与えられた超音波振動のエネルギーにより、ワーク接合面に発生する摩擦発熱効果により、接合面のみが加熱、溶融され、圧力との相乗効果により瞬間的に溶着される現象のことです。

yamauchis02
超音波溶着の仕組み

超音波発生器と超音波振動子によって発生した超音波振動が、コーンを通して振幅を拡大された後、ホーンに伝わり、ホーンの先端が溶着に必要な振幅で振動します。それにより、摩擦熱が発生しワーク同士が溶着されます。

 

超音波溶着のメリット

  • 接着剤などによる接合に比べ、乾燥時間の必要がなく0.1秒~数秒の短時間で接合が完了する
  • 溶剤や熱接合のような異臭がない
  • 複雑な形状の成型品の接合が可能である。

ヤマウチ精機株式会社の技術・製品・サービス一覧

【振動溶着治具の設計・製造】の全ての情報を見る方は以下でログインしてください。

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちらでご確認いただけます。

【非会員の方はこちらから会員登録をお済ませ下さい】

以下のご記入事項を記入・チェックの上、送信ボタンをクリックし、会員登録を行って下さい。
登録が完了次第すぐにご利用頂けます。また最新の企業情報や新製品のお知らせなどをメールにてご案内させていただきます。
必須
必須
必須
必須
もう一度新しいパスワードを入力してください。
日本経済新聞 日刊工業新聞 日経産業新聞 日経MJ その他新聞 その他雑誌 YouTube Facebook Twitter 検索サイト 当社営業からの案内 >友人・知人からの紹介 その他
必須 利用規約に同意します。

ヤマウチ精機株式会社の振動溶着治具の設計・製造へのお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
問い合わせ先 ヤマウチ精機株式会社
問い合わせ製品 振動溶着治具の設計・製造
問い合わせ目的 必須  購入を希望  見積もりを希望  カタログなどの資料を希望 技術・製品・サービスに対する質問  訪問して説明してもらいたい  その他
問い合わせのタイトル
問い合わせ内容 必須

KJCBiz経由でのお問い合わせは以下にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-220055
受付時間:平日10:00~18:00 土日・祝祭日はお休みです。

FAXでのお問い合わせ:FAX 03-3364-5523
受付時間:24時間365日

ヤマウチ精機株式会社の「振動溶着治具の設計・製造」の内容について

内容にご満足いただけましたか?
 満足した 情報量が少ない 内容の質が低い

ご感想・ご希望がありましたらお寄せください。

Related Posts

その他製造業

各種金属部品の精密研磨・研削・全加工

光学機器

開発から出荷まで、一貫したシステムで要望に応える”提案型企業”

機械要素・部品・工具

多様な熱処理が可能!!大手製造業が認定する高い技術力と信頼性

機械・メカトロ

自動車、油圧機器、制御機器から医療、家電製品の超精密部品を製造

ソフトウェア

かんばんによる生産管理システム「iJIT(アイジット)」

機械要素・部品・工具

「流れ」や「回転」の技術を活かした様々な製品

倉庫・運輸・梱包関連

発泡技術を軸に世界で活躍する発泡プラスチック総合メーカー

ファッション・アパレル・雑貨

多方面に向けて形から二次加工までプラスチック容器をご提案

化学

新素材研究の原料手配・材料研究開発の受託合成請負

機械・メカトロ

Labsphere社製反射板「Permaflect」

CAD/CAM

「製造業の分岐点」今と同じでは何も変わりません

OEM ・PB

フォトリソグラフィーで未来を創造する

その他製造業

美観重視・精度重視のお客様の厳しいご要求に対応します

機械要素・部品・工具

パワーツール、モータ、ギヤ・シャフトの組立製造、産業用製品の加工

設計・製造

簡単・安全・コンパクト!!立体3D製作機「V・former」

機械・メカトロ

電子半導体製造工程のお客様をトータルで支援

業界をリードするカメラモジュール、および各種バックエンドボードの販売

設計・製造

様々な回路設計や各種開発のニーズに対応