大矢浩志

 

【インドビジネスのスペシャリスト】 大矢 浩史 (おおや ひろし)

株式会社インダストリー 代表取締役

日本貿易振興機構(ジェトロ)新興国進出支援専門家

 

東京工業大学機械物理工学(現機械宇宙学)修士課程修了後、東洋エンジニアリング(株)にてSEとしてシステム開発担当(ソニーアメリカ製造システム、凸版印刷24時間自動化工場等)。その後株式会社大矢工業専務として新幹線地震対策、ボーイング787製造治具製作、中部国際空港工事等に携わる。1995年よりインド海外研修を企画運営(約2,000名が参加)。2010年よりインドビジネスコンサルタントとして活躍。海外教育研修の経験が評価され、ハローワーク基金訓練校(バリューアップスクール)校長歴任。

【資格】二級建築士、一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士、溶接技能者資格WES1級、メンタルヘルスマネジメントⅡ種

【主な顧問先、取引先】

■インド経済団体

IndianChamberofCommerce&Industry(インド商工会議所)、CODISSIA(コインバトール地方小企業協会)

Laghu Udyog Bharati(インド小企業協会)

■インド・海外企業

BALCO(オランダ拠点商社)、MNSAutomaBon(インドローカルFAエンジニアリング会社)、

VPIInnovaBveSoluBons(インドローカル精密部品製造)、

PrismSurfaceCoaBng(インドローカル塗装ラインエンジニアリング)、

IndusValleyAyurvedicCentre(インドローカルアーユルヴェーダ施設)

■日本国内
フタバ産業株式会社、株式会社松浦製作所、株式会社ナック、株式会社エンターディヴ、有限会社アムリット、有限会社中部キカイサービス、有限会社荒木包装

【主な著書】「図解雑学 機械のしくみ」「図解雑学 算数・数学」「図解雑学 化学のしくみ」「図解雑学デジタル」(以上ナツメ社)他6冊

(敬称略)

 

 上記の専門家へのご質問・ご相談はこちらまでどうぞ・・KJCBiz事務局 フリーダイヤル0120-220-055

★「インドビジネス最前線」KJCBizメールにて好評発信中!!

 

●インドビジネス最前線 第四回

 

 

「モディ新首相の舵取りやいかに」
株式会社インダストリー 代表
ジェトロ(日本貿易振興機構)新興国進出支援専門家
大矢 浩史 (おおや ひろし)

 

 

 

一世を風靡したBRICsですが、資源輸出への依存が高く、債務の足かせもあり、ここのところ減速傾向です。BRICS
の一角インドも、ご多分に漏れず経済低迷が続いています。

 

インドの経済成長率(実質GDP)を見ると、
2009年 8.6%
2010年 8.9%
2011年 6.7%
2012年 4.5%
2013年 4.7%
2014年 1月~3月  4.6%(前年同月比)

 

 

 

特にここ二年間は5%を切り、私が親しくしている中小零細企業の親父さん達にもこの影響が直撃しています。以前は「イケイケドンドン」的な強気の経営姿勢だったのが、とても慎重な経営判断になっていました。

 

この経済低迷に痺れを切らした国民が、前政権に愛想を尽かすと同時に、グジャラート州首相として経済改革を成功させたナレンドラ・モディ氏への期待が高まり、今回の政権交代が実現したというのが一つの大きな理由です。

 

さてモディ政権が出来て3ヶ月がたった今、現状はどうか。

 

日本で安倍政権が誕生したときと同じように、モディノミクスのアナウンス効果で、インド国民が明るい未来を描くことが出来、経済活動にも活気が戻ってきているのは事実です。

 

しかし、モディ新首相の真価が問われるのはこれからです。前政権の残した負の遺産をいかに払拭し、新たな成長戦略をどう実施していくのか、新政権の腕の見せどころです。

 

そこで実現したのが、モディ新首相の来日。期間は8月30~9月30日を予定。

 

安倍政権も新生インドとの関係を最重要視しており、今回の日印首脳会談の行方が、今後数年~数十年間の日印関係を占う上で、重要なマイルストーンになるのは間違いありません。

 

楽しみなのは日本製新幹線の導入。モディ氏も高速鉄道計画を選挙公約しているので、主要議題になるのは確実です。また問題が山積している国内インフラについても、日本側からODAも含めたアプローチがあるはずです。

 

さらには原子力関連協力、そして安全保障に関する協力。
原子力も安全保障も、日本国民にとってもデリケートな部分なので、安倍首相も慎重にならざるを得ませんが、何とか軟着陸して欲しいものです。

 

 

 

私たち、ジェトロでインドを専門とする面々も、このモディ氏の日本での一挙手一投足を、固唾を飲みながら見守っています 。

 

 

kjcbizmail