熱き心「テクノロジー」と呼ぶ

色んな事件や事故が起きている昨今、皆さんは不安に感じていませんか?
様々な現象が起きている中で、未来に対して本気で考える必要が出てきています。是非この番組が未来を一緒に変えるきっかけになれば幸いです。

 

「ELIZA」FILE010 有事に備え水の安全を守れ!はこちら

 

新年一発目の「ELIZA」は、
地震大国日本に欠かせない地盤の安全を守る企業を特集

2016年11月8日福岡県博多駅前で起こった陥没事故、そのわずか一ヶ月後12月7日名古屋駅付近でも陥没事故が発生!!
国内には数千箇所の陥没危険地域が存在する。あなたの住んでいる町は大丈夫だろうか?!

 

まずは、建築前に行われる地盤調査の現場を見学しに、地盤調査及び改良工事・沈下修正工事を行っている「アースプラン株式会社」

ep01

代表の菅原氏は、ジュネーブ大学大学院で地盤のリスク・対処を学んだ

「地盤のエキスパート」

Q.地盤調査とは?
A.建築前に地盤の強度を調べ、数値的に評価すること

Q.地盤が危険だとわかった場合の対処法とは?
A.建てる場所を安全な地盤の土地に変更や、地盤改良を施す。建築物の設計・素材を強度に合わせる

 

地盤調査方法の一つ、スウェーデン式サウンディング試験を見学!!


先端がキリ状のロットに荷重をかけて地面にねじ込み、25cmねじ込むのに何回転させたかで、地盤の硬軟を計測する。30年位前の地盤調査はロボットを使わず、手動で行われていた!!しかし、機械を使っていても現場作業はかなり体力のいる仕事なのだ。

地盤の安全性を決める要素は、
  1. 現地計測、数値化による評価
  2. 近隣地域の目視による評価
  3. 地形分類など、資料による評価
    の3つを合わせて総合評価する。
30年位前からようやく住宅でも地盤調査を行うようになり、数値をもとに設計するという考えが始まった。築30年以上前の住宅は、約90%以上地盤未調査の可能性があると考えて良いだろう。

 

次に、日本全国で起きている陥没事故の一つの原因として挙げられているのが、錆びた下水管からの水漏れ!!

下水管が原因の陥没事故は
年間3300箇所にも及ぶ

この問題と向き合い、錆びない下水管の開発・製造を行っているダイカポリマー株式会社で話を伺った。

dp01
ダイカポリマー株式会社はポリエチレン管、塩ビ管をはじめとするプラスチック加工メーカーとして、土木、設備配管、環境、電力・通信、先端材料、農畜水産業、建築、防災、鉱業などの様々な分野で、オリジナリティを追求した、クオリティの高い製品を開発・提供している。

ポリエチレン管の利点
  • 軽い
  • 錆びない
  • 完全な融着が可能
  • 耐震性に優れている
  • −40度以下の低温にも耐久性がある
  • ライフサイクルCO2が少ない
ヨーロッパをはじめとする海外では、下水管・排水管・ガス管で広く利用されている。
しかし、日本国内の地下を駆け巡る下水管は鉄製パイプばかり…
鉄製パイプは、錆びたり朽ちたりし亀裂が入り、下水により土を浸食する。常に陥没危険と隣り合わせで生活をしているのだ。

いまだに鉄製パイプが主に使われる一つの要因とし、「政治と建設業との癒着」があるとも言われてる。

 

一度ついだら外れないポリエチレン管の融着力!!

日本ではガスパイプはポリエチレン管が使われており、ほとんどガスが漏れて爆発する事が無い。
それはポリエチレンだからである。

dp02
ポリエチレン管の継ぎ目に電気を通し、溶かす事で融着する事で継ぎ目が完全に接着される。鋼管と違い、水漏れを完全に防いでくれる。

「鉄は安全」という固定概念が危険!!
日本は鉄への信頼感が強い。事故が起こる前に今から直すべき物は直していかなければいかないのだ。

さらに、このポリエチレン管が未来の重要な技術の道具として、活用されている。

それが、地中熱を利用した「空調システム」

dp03
地中の温度は1年中一定で、その地中にポリエチレン管を埋め水を流し地中の熱を室内に運び、冷暖房費を削減。スカイツリーの空調にも活用されている。

dp04
 

次回は
2017年1月 20日19:30
放送

【テレ玉】

是非ご覧ください!!

 

eliza_001_%e5%ae%8c%e3%83%91%e3%82%b1-mp4_000606939

株式会社経済情報センターの技術・製品・サービス一覧

【「ELIZA」FILE011 地盤の安全を守れ!】の全ての情報を見る方は以下でログインしてください。

メールアドレス
パスワード
パスワードをお忘れの方はこちらでご確認いただけます。

【非会員の方はこちらから会員登録をお済ませ下さい】

以下のご記入事項を記入・チェックの上、送信ボタンをクリックし、会員登録を行って下さい。
登録が完了次第すぐにご利用頂けます。また最新の企業情報や新製品のお知らせなどをメールにてご案内させていただきます。
必須
必須
必須
必須
もう一度新しいパスワードを入力してください。
日本経済新聞 日刊工業新聞 日経産業新聞 日経MJ その他新聞 その他雑誌 YouTube Facebook Twitter 検索サイト 当社営業からの案内 >友人・知人からの紹介 その他
必須 利用規約に同意します。

株式会社経済情報センターの「ELIZA」FILE011 地盤の安全を守れ!へのお問い合わせ

お名前 必須
メールアドレス 必須
問い合わせ先 株式会社経済情報センター
問い合わせ製品 「ELIZA」FILE011 地盤の安全を守れ!
問い合わせ目的 必須  購入を希望  見積もりを希望  カタログなどの資料を希望 技術・製品・サービスに対する質問  訪問して説明してもらいたい  その他
問い合わせのタイトル
問い合わせ内容 必須

KJCBiz経由でのお問い合わせは以下にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-220055
受付時間:平日10:00~18:00 土日・祝祭日はお休みです。

FAXでのお問い合わせ:FAX 03-3364-5523
受付時間:24時間365日

株式会社経済情報センターの「「ELIZA」FILE011 地盤の安全を守れ!」の内容について

内容にご満足いただけましたか?
 満足した 情報量が少ない 内容の質が低い

ご感想・ご希望がありましたらお寄せください。

Related Posts

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【(有)千葉精螺】

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【アローズエンジニアリング(株)】

その他

IT環境を最適化し、低コストで安定稼働を実現

その他

地震発生時、棚収納物の落下を防止

その他

防災のスペシャリスト

その他

英語翻訳サービス,多言語翻訳を料金,品質で選ぶならJOHO

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【第十一話】JHSエンジニアリング株式会社&中野スプリング株式会社

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【第十話】ジャパンクリーンプラント株式会社&NECソリューションイノベータ株式会社

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【第九話】イントランスHRMソリューションズ株式会社&株式会社ハマ電子

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【第八話】ダイカポリマー株式会社

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【第七話】司ゴム電材株式会社

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【第六話】アルファテクノロジー株式会社

その他

安心を包み込む ー食品パッケージー

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【第五話】株式会社エストラボ・株式会社ホーマーイオン研究所

その他

コンパクトで大型バイクにも対応「新型二輪車診断機」・一般整備工具・各種特殊工具

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【第四話】株式会社日本エコシステム オリックス環境株式会社

その他

「ELIZA」FILE022 初心者を教えるエキスパートが居るゴルフスクール

その他

井筒和幸の企業探訪「もうかりまっか!?」【第三話】株式会社アクシージア