20140526ns 市場の国際化と多様化するニーズへの対応が様々な産業で課題とされる中、化学産業には、更なる高付加価値製品・技術の開発と材料の安定供給が期待されております。

また、2020年までに化学物質の環境影響を最小化するという目標が定められている事もあり、地球環境問題への対応の高まりから、取引先選定の基準を変えるケースも少なくありません。

私達の快適な生活をあらゆる面で支えている化学産業。日本経済を牽引する化学業界の中から、注目企業・製品をご紹介致します。